本文へスキップ

栃木県職員試験

地方公務員になりたい(東日本編)

地方公務員 試験

地方公務員になりたい(東日本編)HEADLINE

栃木県職員試験

新時代に求められる3つの職員像

■自治体の特色 

高い意欲と実行力を備えた「挑戦する職員」、栃木県職員としての使命感を持った「信頼される職員」、県民起点の発想で県民と連携協力できる「協働する職員」を求める。


■詳細情報
採用区分(平成23年度): 大学卒業程度=行政、薬剤師、化学、農業、畜産、林業、土木、建築、電気、機械、心理、水産、警察行政、小中学校事務 高校卒業程度=行政、警察行政、小中学校事務 資格・免許職=獣医師、保健師、犯罪鑑識技術者(法医)、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、栄養士(小中学校勤務)、保育士
受験資格: (採用年度の4月1日現在)大学卒業程度=満22歳以上30歳未満 高校卒業程度=満18歳以上22歳未満
※資格・免許職は職種によって異なる。
試験科目: 大学卒業程度=教養、専門(小中学校事務は教養のみ)
高校卒業程度=教養
資格・免許職=教養、専門
試験日: 大学卒業程度、保健など=6月下旬
高校卒業程度、臨床検査など=9月下旬
試験地: 栃木県内の大学・高校



■問い合わせ先

栃木県人事委員会事務局
住所:〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
TEL:028-623-3313


地方公務員試験合格を目指す通信講座

公務員受験対策講座
大栄教育システム 大栄通信教育センター

主に国家公務員一般職・地方初級(都道府県職員・市役所・警察官・消防官など)の受験を予定している方を対象にしたコースです。一般教養科目の膨大な出題範囲について最新の傾向を踏まえて効率的な学習を行います。 
 ヒューマンアカデミー 通信講座『たのまな』

公務員(地方上級・国家一般職)総合コースA
公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!

地方公務員 合格のコツ